高橋工房ロゴ 高橋工房URL 高橋工房
ボトム
メニュートップ
メニューボトム
メニュー底





甦る「名所江戸百景」
千葉市美術館 館長 小林 忠
広重最晩年の揃物「名所江戸百景」は、全百二十図(内一図は二代広重落款、一図は目録)の超大作であり、生涯の画業を総決算する文字通り記念的な傑作である。江戸の市中と郊外とに渡ってすぐれた景観に四季折々の人事や情趣を探ね、新しい名所を発掘、登録した意欲作でもあった。西洋的な遠近法の大胆な応用や、連続し、あるいは切断された時間への鋭い感覚、朝夕の陽の光や夜空に輝く月や星、あるいは地上にともる火影といった光線への鮮新な意識、意外なカッティングやトリミングを駆使した独創的な画面構成などなど、その魅力をあげていけばきりがない。ヨーロッパ近代の画家たち、モネやゴッホやホイッスラーらが、この「名所江戸百景」に衝撃的な影響を受け、絵画芸術の方向を決定的に変えて行ったことは、人のよく知るところである。江戸時代の浮世絵版画が彫りや摺りの技術面においても最高の高みに達したのが、ちょうどこのシリーズが刊行された安政3〜5(1856〜58)年の頃であった。広重は彫師や摺師の表現力を信頼し、彼ら自身の造形面への参加を積極的に許したふしがある。「大はしあたけの夕立」の雨の線を彫る時、あるいは「亀戸梅屋舗」のぼかしを摺る時、彼らがどれほどに仕事の甲斐を感じ、その技を尽くして協力したことか、仕上がった画面を見ていて実によく分かる。このたびの復刻の大事業に参加する現代の名工たちが、先人の技と心意気とを学んで、日本の伝統木版画の真価を甦らせ、永く後世まで伝えてくれるであろうことを、心から期待するものである。
大はしあたけの夕立
ヴァン・ゴッホが油絵で模写した二点のうちのひとつ。大橋は日本橋浜町から深川六間堀の方に架っていた橋で、対岸には幕府の御用船安宅丸の船蔵があった。雨の表現が秀逸で、二枚の板を彫り、二度の摺りを行って、雨の空間の厚みを表現している。天の部分は「あてなしぼかし」という技法で、ぼかしの形は板に彫られておらず、平らな板に刷毛で絵具をのせて自由な形に摺る、年期のいった職人でなくてできない高度な技術である。(作品番号:052)
 初代歌川広重
武家の子に生まれたが、十三歳で両親を失い、十五歳で浮世絵師歌川豊広の門に入る。三十六歳の秋、幕府の御馬献上の一行に参加して上洛、東海道を往復することとなった。この時の体験を元に生まれたのが保永堂版「東海道五十三次」五十五枚である。このシリーズの爆発的な売れ行きによって広重は浮世絵界に不動の地位を手に入れることとなった。売れっ子浮世絵師となった広重は数々の名作を世に送り出すが、中でも江戸を描いた作品は数多く、その総数は千三百点に及ぶともいわれる。「名所江戸百景」は広重最後の名作といわれ、安政三年から刊行をはじめ、最晩年の二年余りで未刊で終わっている。初代没後二代広重の補筆によって完成し「一立斎広重一世一代江戸百景」という目録が添えられる。それまでの浮世絵版画は墨線による輪郭線で遠近感を表わす表現方法だったが、広重は墨線を極端に減らし、複数の色板を使い分けたボカシにより遠近感を表現している。従来の浮世絵版画にない表現方法は、木版画の技法を熟知した広重と彫師、摺師との緊密な連携によってはじめて生み出され、名作として後世に長く伝えられることとなった。


亀戸梅屋舗
近景を大写しにし、遠くを望む広重好みのダイナミックな構図で、このシリーズの代表作の一つといえる。亀戸梅屋舗は、亀戸天神の裏手東北にあり、銘木臥龍梅があった。梅園はすでになく、銘木の跡には、石碑が立っている。(作品番号:030)
王子装束えの木大晦日の狐火
王子稲荷は関八州の稲荷の総元締めで、大晦日に集まる狐に位階を授けたという。狐たちは、この榎の木の下で装束を改め、王子稲荷に参上した。色彩の少ない夜の表現のなかでこそ、技は冴え、生かされる。版画表現の最高傑作といわれる名作。(作品番号:118)

高田の馬場
現在の早稲田大学近く、新宿区早稲田三丁目の一角にあった。寛永十三年以来、武士の弓馬訓練施設であり、堀部安兵衛の仇討で有名な場所である。流鏑馬の的の部分は復原した古代の「紗」布を版木に貼り、布目を生かしたカラ摺り技法を再現した。(作品番号:115)
市中繁栄七夕祭
色鮮やかな七夕飾りで賑やかな夏の江戸の空。江戸城本丸の向こうには夏の富士山がそびえる。広重はこの図でも七夕飾りの竹と笹の葉に結んだ紐で、画面の大胆な分割を行っている。空に散らばる効果的な黄色は、「石黄」といわれる顔料で、現在では発売禁止。今回の摺りのため探し出し、江戸時代の色彩を再現した。(作品番号:073)

上野山内月のまつ
上野不忍池の弁財天に降りる石段の近くにこの松があった。月のように円形をしているところから「月の松」と呼ばれたのだろう。広重はこの松の円の中に遠く、本郷の町並みを覗かせることで、遠眼鏡で見たような奇抜な印象を与えている。前景の松の細密な表現が効果的。(作品番号:089)
深川洲崎十万坪
木場の南、東西に長い原を洲崎原といい、一面葦が生い茂る湿原だった。広重は、雪の降る荒涼とした十万坪と、地上を俯瞰する大鷲を描いている。遠景に筑波の山並みを見渡す構図は、天ボカシ、ベロ藍(ベルリン・ブルー)による海のボカシによって引き締まり、緊張感ある画面となっている。(作品番号:107)

[一立斎広重一世一代]
名所江戸百景
029)砂むら元八まん・江東区
030)亀戸梅屋舗・江東区
031)吾嬬の森連理の梓・墨田区
032)柳しま・江東区
033)四つ木通用水引ふね・葛飾区
034)新乳山山谷堀夜景・墨田区
035)隅田川水神の森眞崎・墨田区
036)真崎辺より水神の森内川関屋の里を見る・台東区
037)墨田河橋場の渡かわら亀・台東区
038)廓中東雲・台東区
039)吾妻橋金龍山遠望・墨田区
040)せき口上水端はせを庵椿やま・文京区
041)市ヶ谷八幡・渋谷区
042)玉川堤の花・新宿区


[夏の部]
043)日本橋江戸ばし・中央区
044)日本橋通一丁目略図・中央区
045)鎧の渡し小網町・中央区
046)昌平橋聖堂神田川・千代田区
047)王子不動之瀧・北区
048)赤坂桐畑・港区
049)増上寺塔赤羽根・港区
050)佃しま住吉乃祭・中央区
051)深川萬年橋・台東区
052)大はしあたけの夕立・中央区
053)浅草川大川端宮戸川・台東区
054)浅草川首尾の松御厩河岸・台東区
055)駒形堂吾嬬橋・台東区
056)堀切の花菖蒲・墨田区
057)亀戸天神境内・江東区
058)逆井のわたし・江戸川区
059)深川八まん山ひらき・江東区
060)中川口・江戸川区
061)利根川ばらばらまつ・江戸川区
062)八つ見のはし・千代田区
063)水道橋駿河台・千代田区
064)角筈熊野十二社俗称十二そう・新宿区
065)糀町一丁目山王祭ねり込・千代田区
066)外桜田弁慶堀糀町・千代田区
067)三つまたわかれの渕・中央区
068)両国橋大川ばた・中央区
069)綾瀬川鐘が渕・墨田区
070)五百羅漢さざい堂・江東区
071)深川三十三間堂・江東区
072)はねたのわたし弁天の社・大田区


[秋の部]
073)市中繁栄七夕祭・中央区
074)大傅馬町こふく店・中央区
075)神田紺屋町・千代田区
076)京橋竹がし・中央区
077)鉄砲洲稲荷橋湊神社・中央区
078)鉄砲洲築地門跡・中央区
079)芝神明増上寺・港区
080)金杉橋芝浦・港区
081)高輪うしまち・港区
082)月の岬・港区
083)品川すさき・品川区
084)目黒爺々が茶屋・目黒区
085)紀の国坂赤坂溜池遠景・港区
086)四ッ谷内藤新宿・新宿区
087)井の頭の池弁天の社・三鷹市
088)王子瀧の川・北区
089)上野山内月のまつ・台東区
090)猿わか町よるの景・台東区
091)請地秋葉の境内・墨田区
092)木母寺内川御前栽畑・墨田区
093)にい宿のわたし・葛飾区
094)真間の紅葉手古那の社継はし・市川市
095)鴻の台とね川風景・市川市
096)堀江ねこざね・市川市
097)小奈木川五本まつ・江東区
098)両国花火・台東区


[冬の部]
099)浅草金龍山・台東区
100)よし原日本堤・台東区
101)浅草田圃酉の町詣・台東区
102)蓑輪金杉三河しま・台東区
103)千住の大はし・荒川区
104)小梅堤・墨田区
105)御厩河岸・台東区
106)深川木場・江東区
107)深川洲崎十万坪・江東区
108)芝うらの風景・中央区
109)南品川鮫洲海岸・品川区
110)千束の池袈裟懸松・大田区
111)目黒太鼓橋夕日の岡・目黒区
112)愛宕下薮小路・港区
113)虎の門外あふひ坂・港区
114)びくにはし雪中・中央区
115)高田の馬場・新宿区
116)高田姿見のはし俤の橋砂利場・新宿区
117)湯しま天神坂上眺望・文京区
118)王子装束えの木大晦日の狐火・北区
119)赤坂桐畑雨中夕けい・港区
[春の部]
001)日本橋雪晴・中央区
002)霞かせき・千代田区
003)山下町日比谷さくら田・千代田区
004)永代橋佃しま・中央区
005)両ごく回向院元柳橋・台東区
006)馬喰町初音の馬場・中央区
007)大てんま町木綿店・中央区
008)する賀てふ・中央区
009)筋違内八つ小路・千代田区
010)神田明神曙之景・千代田区
011)上野清水堂不忍ノ池・台東区
012)上野山した・台東区
013)下谷廣小路・台東区
014)日暮里寺院の林泉・台東区
015)日暮里諏訪の台・台東区
016)千駄木團子坂花屋敷・文京区
017)飛鳥山北の眺望・北区
018)王子稲荷の社・北区
019)王子音無川堰堤世俗大瀧ト唱・北区
020)川口のわたし善光寺・川口市
021)芝愛宕山・港区
022)廣尾ふる川・港区
023)目黒千代か池・港区
024)目黒新冨士・目黒区
025)目黒元不二・目黒区
026)八景坂鎧掛松・大田区
027)蒲田の梅園・大田区
028)品川御殿やま・品川区

「名所江戸百景」全119作品セット
1,440,000円(税別・送料サービス)

◆全作品頒布お申し込みの方には、「名所江戸百景目録」及び
「歌川広重肖像」(木版復刻)を贈呈いたします。
「名所江戸百景」単品
1枚:12,000円(税別・送料別)
春の部
夏の部
秋の部
冬の部

「名所江戸百景」専用額9,000円(税別・送料別)
[木版画仕様]
手摺木版画
画寸法 34×22cm
マット寸法 48.5×33.5cm
用紙 越前生漉奉書(岩野市兵衛漉元)
用材 桜材
和英両文解説付
■頒布予定
「亀戸梅屋舗」〜「市中繁栄七夕祭」は頒布中
平成12年4月〜平成13年3月 24図
平成13年4月〜平成14年3月 24図
平成14年4月〜平成15年3月 24図
平成15年4月〜平成16年3月 24図
平成16年4月(最終回)    5図

推薦の言葉
江戸東京博物館館長
竹内 誠
 「名所江戸百景」は、風景画をよくした歌川広重最晩年の大作であり、「東海道五十三次」とならぶ彼の風景版画の傑作であります。広重は、日本各地を旅しながら多数の名所絵を描きました。江戸の名所絵だけでも千二百点以上に及ぶといわれており、「名所江戸百景」は、広重名所絵の集大成ともいえる作品であります。
 このたび、東京伝統木版画工芸協会に所属する優秀技術者の手により、当館所蔵版を元に「名所江戸百景」全百二十点が完全復刻されることとなりました。斬新な構図の中に抒情ゆたかに描かれた江戸名所の数々が、「江戸木版画」の伝統的な技術・技法を受け継いできた職人の技により、オリジナルの鮮やかな色彩と、きめ細やかな描線そのままによみがえることでしょう。今から完成が待ち遠しく思われます。江戸東京の貴重な伝統工芸の保存継承という観点からも、大変意義のある事業であると考えます。


関連書籍
浮世絵「名所江戸百景」復刻物語
江戸の浮世絵師・広重が残した「名所江戸百景」。滅びゆく技術の再興と伝承を目指し、平成の職人が挑んだ全120図復刻の記録。全図をカラー掲載、製作写真に職人話を交え、構図や技法をビジュアルに解明した作品解説を付す。

平成の復刻記念事業!
第二弾 葛飾北斎 「諸国名橋奇覧」
第三弾 初代広重 「東海道五十三次」
第四弾 葛飾北斎 「諸国瀧廻り」
第五弾 葛飾北斎 「冨嶽三十六景」